グルコサミン

健康的な生活にコンドロイチン

コンドロイチンという言葉を誰しもが耳にしたことがあると思います。
どういったものかというと、軟骨に含まれている成分です。
軟骨とは、骨と骨の間にあるゼリーのような部分ですが、これはどんどんすり減っていってしまいます。
ですから、コンドロイチンが不足してしまうと、極端に言えば、骨と骨が直接こすれ合う形になります。

そうなると、激痛が走るわけです。
お年寄りの方がひざ、腰などの関節が非常に痛くなるのは、このコンドロイチンが不足しているからなのです。
しかし、コンドロイチンの不足は、お年寄りだけとは限りません。
スポーツをしていて関節を酷使する人なども激しく軟骨にダメージを与えます。

ですから、若くても摂取することを考えるのが大切です。
実は、コンドロイチンは水分を保持する力があるので、関節だけによいというわけではありません。
水分を保持するわけですので、体全体、健康に大きな力を発揮してくれます。

美容にも水分保湿は大きな役目を果たします。
コンドロイチンは様々な益をもたらしてくれるので積極的に摂取するべきです。
サプリメントで摂取することもできますし、納豆、おくらなど、ねばねばしたものに多く含まれています。
意識して摂取して水分保持しましょう。

このページの先頭へ