グルコサミン

ムコ多糖類の一種とされているコンドロイチン

最近よく耳にするようになったのがグルコサミン、コンドロイチンといったものです。
とりわけCMなどで関節によく働きかけるサプリメントとして人気を集めています。

では、そもそもコンドロイチンとは何でしょうか。
語源はギリシャ語で軟骨となります。
実際に私たちの軟骨は、水とコンドロイチンでできています。

ですから、このネーミングもふさわしいものであることが分かります。
そしてさらに詳しく言うと、アミノ酸を有する多糖ですので、ムコ多糖の一種であるということができます。
私たちに対する効能としては多くのものを上げることができますが、やはり一番の魅力は軟骨の回復にあります。

どうしてかというと、歳と共に、軟骨はすり減っていってしまいます。
すり減ったままにしとくと、そのうちに骨と骨がぶつかりあうようになり、これが激痛を生みます。
そうなると、少しの段差でもきつい状態になってしまうのです。

そこで、このコンドロイチンを食べ物として摂取することで少しずつ軟骨を回復させることに役立てることができます。
いつまでも楽しく現役でいたいという人に人気なのが、このコンドロイチンというわけです。
基本的にはもともと、体にあるもので、ムコ多糖の一種となります。


このページの先頭へ